20代転職する気がなくても転職活動をした方がいい【市場価値の確認】

20代から転職活動をして市場価値を確認

今の会社に特に不満はないから、転職する気はないんだよね。それなら転職サイト見る必要なんてないのでは?

 

僕も入社してからしばらくの間、そうでした。

会社に不満を持つようになってからも、忙しさを理由に転職活動をせず。

 

しかし、30歳になって転職活動をしてみて、転職する気がなくても、転職活動をしてみるべきだったと思いました。

 

転職する気がないのに、転職活動をすると意味のわからないことを言っていますが、その理由をこのあと書いていきます。

 

MEMO

すぐに自分の市場価値を調べてみたいという方は、ミイダスで自分の適正年収を調べてみるといいでしょう。

20代のうちから転職活動をして自分の市場価値を確かめる

結論から言いますと、転職活動をした方がいい理由は、自分の市場価値を知るためです。

現在の自分の市場価値を知る

僕は、書類選考でかなり落ちたのですが、落選理由は主にこのふたつでした。

  • スキル不足
  • 年齢に対する経験不足

 

かなりストレートな言葉だったので、見たときには凹みました。

 

今勤めている会社では、それなりの仕事ができていると感じていましたから。

しかし、世の中的にはスキルが足りていなかった。「井の中の蛙大海を知らず」ですね。

20代のうちに自分の市場価値を知る

以下は、書類選考で落ちたときの僕のツイート。

【転職活動メモ】 「スキル不足」とまっすぐ言ってもらえるのはありがたいですね。 自社では問題なく働けているので、他社の求めるレベルとは、現状で差があることを認識できたので。 転職する気がなくても、自分の価値を確かめるために、転職活動をするのはいいかもしれません。

 

ストレートに「スキル不足です」と言われるのは結構メンタルにきます(本当に凹んだので2度言います)。

 

30歳にしてスキルも経験も不足してたらお先真っ暗…。と考えそうになりました。

 

しかしながら、少しでも前を向いていかないとやっていけません。

なので考え方を次のように変えました。

 

「現在の君の価値はそれしかないよ」と教えてくれているのだと。

このままだと市場で必要とされる人材になれないよと。

 

世の中で必要とされる経験やスキルのレベルを知ることができれば、現在の仕事でもやる気が出るはずです。

 

僕は30歳でこのことに気づけたのですが、理想を言えば、もっと早く気づいておきたかった。

30歳という年齢は、企業にとって境目となるため、即戦力を求めるところが多くなるからです。

 

そのため20代のうちから自分の市場価値を確認しておけば、30歳で転職活動をしてから焦らずにすむはずです。

 

MEMO

ちなみに、即戦力というのは、企業の求める最低限のもの(スキル・経験)ではなくて、求める以上のものだと感じました。

エージェントの反応を見て自分の市場価値を確かめる

応募して合否を受け取るほかにも、自分の市場価値を判断する方法をmotoさんがツイートしていました。

転職エージェントを使って市場価値を確かめる方法として「会ったときの態度とその後の対応」を見るといいよ。「転職市場で売れる人材」なら前のめりに求人くれるし、ニーズ無ければ塩対応で追いかけて来ない。自分を「商品」として企業へ売りに行く転職エージェントの対応でも自分の市場価値見えるよ。

motoさん(@moto_recruit)のツイートより

転職エージェントにとって、転職活動をする人は商品と同じです。(転職したらエージェントは報酬をもらえるので)

なので、あまり期待できない人の場合に、上のような対応になるのでしょう。

僕のエージェントは、(人がよかったのか)かなり真摯に対応してくれています。

 

このようなこともあるので、若いうちから転職活動やっておくのがいいと、なおさら思います。

何年も働いて、自信やプライドを持ってしまってから、塩対応されたらきついでしょうからね…。

終身雇用制度がなくなる可能性

転職する気はないし、今の会社でずっと勤めるので問題ないよ。それに日本の企業なら定年まで守ってくれるんでしょ?

 

この意見もわかりますが、経団連の中西宏明会長(日立製作所会長)がこのように言っています。

(終身雇用は)制度疲労を起こしている。終身雇用を前提にすることが限界になっている

 

実際に、2018年〜2019年にかけて、大企業でも早期退職の募集がされています。

 

以下の記事では、早期退職を募集した主な企業をまとめられています。

参考記事45歳以上に対し、早期退職・希望退職者募集の嵐が吹き荒れているということ

 

上の記事に載っている企業名を抜き出すと以下になります。

  • 昭文社
  • コカ・コーラボトラーズジャパンホールディングス
  • 協和発酵キリン
  • 日本ハム
  • NEC
  • エーザイ
  • カシオ計算機
  • アルペン
  • 千趣会
  • 光村印刷(新村印刷)
  • 富士通

 

このリストを見て気になる点は2つ。

  • これまで、1度もリストラを行ってこなかった企業が含まれている点
  • 対象が「45歳以上」と年齢が下げられている点

 

これまでリストラをしてこなかった日本を代表する企業(カシオ計算機など)ですら、リストラをし始めているのが現実です。

大企業が実施したならば、中小企業も実施することは容易に想像できますよね。

このことからも、日本型の企業に入社したから一生安泰とは思えなくなるでしょう。

 

ただ、個人的には「45歳以上」という方が衝撃的でした。

これまでは「50歳以上」だと思っていたからです。

45歳と言えば、働き盛りだと思っていましたから。

正直、今の状態で働き続けていて、45歳になったときに、転職先探し始めていたらと思うとぞっとします。

まとめ:自分の市場価値は常に確認しておこう

以上のような理由から、転職する気がなくても、20代のうちから転職活動をして、自分の市場価値を確認しておくと良いでしょう。

 

自分の市場価値を簡単に調べてみたいという方は、ミイダスで自分の適正年収を調べてみるといいでしょう。

10分くらいのアンケートに答えるだけなので簡単です。