【Excel マクロ】マクロを実行するボタンを表示する

Excelにボタンを表示させて、ボタンを押したらマクロを実行する方法を紹介します!

↓ こんな感じです!

マクロを実行するボタン

 

本記事のゴールとしては、ボタンを押したときに、実行されてメッセージボックスが表示されることになります。

マクロを作成する

マクロの作り方が分からない方は、こちらの記事を参考にしてください。

Excel VBA マクロの作り方 【Excel VBA】Excelマクロの作り方

作成するマクロのソースコードは以下になります。

マクロが実行されると、メッセージボックスが表示されます。

copy

Sub ShowMessage()

    MsgBox "マクロを実行しました!"

End Sub

 

たけのこ
ボタンを押したときに、このマクロが実行されるようにしていきます!

マクロを実行するボタンを表示する

1. 開発タブ / 挿入 / ボタン(フォームコントロール)をクリックします。

excelでボタンを表示する手順1

開発タブなんて表示されてないんだけど…という方は、以下の記事を参考にしてください。

Excel VBA マクロの作り方 【Excel VBA】Excelマクロの作り方

 

2. マウスをドラッグしてボタンの大きさを決めます(画面の左下に書いてあります)。

メモ

キーボードのAltボタンを押しながらドラッグすると、セルの大きさに合うようにボタンが作成されます。

マウスをドラッグしてボタンの大きさを決めます

 

3. 大きさを決めて、ドラッグを離すと【マクロの登録】が表示されます。

マクロを作成している場合、下の図の赤枠部に作成済みのマクロ名が表示されます。

ボタンにマクロを登録する

 

4. さきほど作成したShowMessageを選択して、OKボタンを押します。

ボタンに作成済みのマクロを登録する

 

5. すると、ボタンが表示されます。(表示されるテキストは”ボタン1″となっていますが、作成後に変更可能です。)

マクロが登録されたボタン

 

6. これで本当に登録されているの?という感じだと思いますので、とりあえずボタン1をクリックします

マクロ(ShowMessage)が実行されて、メッセージが表示されるはずです!

たけのこ
 しっかり、ボタンにマクロが登録されていますね!

ボタンのテキストを変更する

“ボタン1″では何を実行するボタンなのかわかりませんよね、なので、もっとわかりやすい名前に変更しましょう。

1. ボタンを右クリックして、【テキストの編集】をクリックします。

ボタンのテキストを変更する

2. テキストにカーソルが表示されるので、文字を修正しましょう。

ボタンのテキストを変戸数る

“ボタン1″を”マクロ実行ボタン”に修正しました。

ボタンの文字を修正

これで完了です!