北海道旅行記(札幌・旭山動物園・美瑛)【2泊3日】

2泊3日の北海道旅行をしてきました。

今回の旅のメインは、次のふたつです。

  • 美味いものをたくさん食べる
  • ライトアップされた美瑛の青い池を見る

北海道旅行の2泊3日のスケジュール

北海道旅行のタイムスケジュールは、ざっくりと下の感じでした。

※旅行記なので、時系列で記事を書こうかと思ったのですが、あまりに冗長になりそうだったので、このように書いてます。

1日目
1日目のテーマは『とにかく食う』

11:00 新千歳空港着

11:30 新千歳空港内のスープカレーlaviで昼食

12:30 バスで札幌市内に移動(約1時間)

13:30 札幌グランドホテルに移動

14:00 サッポロビール博物館(札幌駅からバスで約10分)

18:00 いくら丼で有名なはちきょう 別亭 おやじにて夕食

21:00 すすきののカフェ エ クラフト ユエで夜パフェ

2日目
2日目のテーマは『バスツアーで旭山動物園と美瑛へ』

10:00 バスツアー出発(旭山動物園まで2時間半)

12:30 旭山動物園

16:30 白金ビルケ

17:00 美瑛:青い池

17:30 美瑛:白糸の滝

21:00 札幌駅到着(通行止めもあり美瑛から3時間)

21:30 お寿司を食べに四季花まるにて夕食

3日目
3日目のテーマは『うにむらかみで、うに丼を食う』

09:00 きのとやで朝食

11:00 時計台・HTB本社・大通公園散策

13:00 うに丼を食べにうにむらかみにて昼食

14:00 電車で新千歳空港へ移動(約40分)

15:00 新千歳空港でお土産購入

北海道旅行で食べた美味いもの

北海道に行く前から、食べたい物が決まっていたので、お店を全て決めてしまいました。

結果的に考えても、初めからお店を決めておいてよかったと思います。

特に、いくら丼で有名なはちきょうは、2週間くらい前に予約の電話をしたにも関わらず、本店は予約でいっぱいでした。

幸い、姉妹店のはちきょうおやじ(おそらくメニューは同じ)は予約することができました。

実際に行ってお店の様子をみた感じから、はちきょう、四季花まる、うにむらかみは事前に予約しておくことをおすすめします。

スープカレーlavi

北海道のスープカレーを一度は食べておきたいという方は、新千歳空港内に美味いお店が入っています。

食べログ評価は3.5超えです。

このお店の面白いところは、カレーの種類・スープの味・辛さを選べるところです。

僕は、角煮カレー・オリジナルスープ・3辛(中辛)。

角煮は煮込まれていてとても柔らかかったのですが、スープはちょっと酸味があり、結構辛いと感じました。

相方は、チキンカレー・エビスープ・8辛(辛口)。

チキンはとても柔らかく、8辛だったスープもエビの甘みがあり、とても美味かったです。

カレーに酸味というのがイメージになかったので、次行ったときは、友人が食べていたチキンカレー・エビスープにしようと思います。笑

スープカレーlavi

はちきょう おやじ

ストップと言うまでいくらをかけ続けてくれる(実際は丼からあふれる手前で強制的にストップ)で有名なお店です。

実際には、いくら丼だけではなく、その他の料理もめちゃくちゃ美味かったです。

再度になりますが、行きたい方は必ず事前予約しておきましょう。僕たちは2週間前に予約しましたが、本店は予約でいっぱいでした。

自分たちが食べている間にも、かなりの当日客が来店or電話していましたが、全て断られていました(22時なら空いているとかはあった気がしますが)。

念願のいくら丼!

店員さん全員のエイサー!のかけ声とともに、いくらが盛られていきます。

いやはや、もう、幸せの一言でした。

いくらが美味しいのはもちろんなのですが、贅沢してるぞ!って言うのが視覚的にもものすごいので、幸せ感が倍増する感じでしたね。

 

そのほかの料理も美味かったです。

じゃがバター(チーズとたらこ入り)。

塩辛と一緒に食べます。

うまし!

ザンギ。

これがデカイんです。

小さめのゲンコツくらいの大きさです。

最高です!

はちきょう 別亭 おやじ

四季花まる

北海道で美味いものをたくさん食べましたが、個人的に一番衝撃だったが、四季花まるで食べた本鮪の赤身でした

何がどう美味いとか表現できるほどいいもの食べてきてないんですが、この本鮪の赤身は美味かったです。

そのあと中トロも食べたのですが、赤身の方が感動的でした。

ずわい蟹は噛めば噛むほどカニエキスが出てきて、これがうまい蟹なのかと。

ボタンエビは身がプリプリしてて、甘みがあって美味かったです。

四季花まる

きのとや

札幌で一回はモーニングを食べたくて、ホテル近くのきのとやさんに行ってきました。

写真はオムパフェセット。

これで650円ほどなので、かなりお得感があります。

フルーツの下には、あんことぎゅうひが入っています。

美味いに決まっています。

きのとや

うにむらかみ

北海道旅行で2番目の衝撃でした。うに。

写真はうにサーモン丼、これでうにが40グラムのっています(2,800円)。

うに丼にすると写真の倍の80グラムのっているのですが、これまでうにを美味しいと思ったことがなかったので、4,000円という値段にひよってしまいました。

結果的には、うに丼にすればよかったなと。

うにむらかみ

バスツアー:旭山動物園・美瑛の青い池

札幌から美瑛までは電車で行くこともできますが、片道約5,600円かかります。往復で11,200円。

そのため、丸1日費やすことになりますが、ひとり5,600円のバスツアーを利用しました。

利用したのは、旭川まるうんトラベルさん

旭山動物園

旭山動物園は、昼食も込みで3時間の滞在。

交通状況によっては、短縮されることもあるみたいです。

旭山動物園は山の斜面に作られているため、坂道が多くなっています。冬の時期はすべりやすくなっているので注意が必要です。

旭山動物園内の様子

11月下旬、動物園内はこのように雪で覆われています。

カピパラ

東門から入園すると、いちばん初めに見れる動物はカピパラさん。

小さい生き物なのかと思っていたのですが、かなりデカイ。笑

全然動かないんですが、それがカワイイです。

アザラシ

いちばん癒されたのが、アザラシ。

写真ではかわいさが伝わらないのが残念…。丸々していて、目は眠そうで、実物はかなりカワイイです。

もぐもぐタイムと言うエサをあげる時間があるのですが、氷の上を一生懸命動こうとするアザラシは必見です。

シロクマ

もぐもぐタイムを見に行ったのですが、人がすごくて近くで写真を取れず。

エサを水槽の中に落として、それをシロクマが食べに行くのですが、巨大なシロクマが水中を泳ぐ姿は迫力がありました。

ペンギン

キングペンギン。

ペタペタ歩く姿がなんとも言えません。

寒いみたいであまり動いてくれなかったんですけどね。

園内のお散歩は12月下旬から。詳しくは旭山動物園のイベントページへ

オオカミ

オオカミはテンションが上がりましたね。

途中で2頭のオオカミがじゃれ始めたのですが、かなり唸り声をあげながらじゃれていたので、本当に喧嘩し始めたのではないかと思いました。

柵がジャンプしたら届くのでは?と言う距離にあるため、間近で見ていると迫力がすごかったです。

群で生活する習性通りに、1頭が移動するとみんなで移動するのがなんともカワイイ。

美瑛の白金ビルケ・青い池・白糸の滝

すっかり日も暮れて、お待ちかねの美瑛町に移動です。

白金ビルケ

道の駅白金ビルケです。

おしゃれな雰囲気の建物で、美瑛町のお土産やレストランがあります。

青い池にはトイレがないので、トイレに行きたい場合にはこちらで済ませましょう。

青い池

こちらが念願のライトアップされた青い池

枯れた木がライトアップされて、幻想的な風景になっています。

光の当たり方が変化するのですが、風景の変化がとても綺麗でいくらでも見ていることができそうでした。

残念ながら、滞在時間の関係で20分くらいで撤退。

注意していただきたいのは、冬の青い池は凍っており、青い池を見ることができません!

観光客の中には、全然青い池見えないじゃん!と怒っている人もいましたが、冬の青い池はそう言うものですので、重ねて注意。

 

ちなみに池が凍ってない、かつ雪が降るタイミングがバッチリあうと、下のような美しい風景が見れます。

1か月くらい休み取って、このタイミングに会いたいですね…。

白糸の滝

白糸の滝。

こちらもライトアップされていて綺麗です。

申し訳ないのですが、青い池でテンションが最高潮に達したため、こちらはスルッと終わってしまいました。

北海道旅行まとめ

今回の旅行では、飲食店の予約の大切さがわかりましたね

事前に調査と予約してくれた相方には感謝です。

皆さんも北海道旅行で、はちきょう、四季花まる、うにむらかみに行く場合には、予約しておきましょう!

北海道旅行で使用した金額

今までで、いちばん贅沢した旅行だった気がしたのですが、相方がJALの早割ツアーを見つけてくれたおかげで、全部で64,000円で済みました。

  • 往復飛行機代・ホテル:37,000円
  • 食費        :14,400円
  • バスツアー     :  5,600円
  • 交通費       :  4,000円
  • お土産       :  3,000円
  • 合計        :64,000円

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

金沢ひとり旅行記【一泊二日】