【初心者向け】5分でできるBootstrapの使い方【入力フォーム作成】

たけのこ

Bootstrapって聞いたことはあるけど、どうやったら使えるんだろう?

 

本記事ではBootstrapを使ったことが無い方向けに、次の説明をしています。

  • Bootstrapの使い方
  • テキストボックスを使った入力フォームの作成
メモ

Bootstrapのバージョンは4.3.1に対応しています。

Bootstrapの使い方

まずは、Bootstrapの使用方法です。

Bootstrapを使用するためには、BootstrapのCSSとJavaScriptを読み込む必要があります。

下のソースコードをそのままコピペしてhtml形式で保存すれば、Bootstrapを使用することが出来ます

ポイント

bodyタグのすぐ下に、containerクラスを持ったdivタグがあります。

これを書くことでBootstrapのメリットのひとつレスポンシブデザインを簡単に使用することができます

copy

<!doctype html>
<html lang="ja">
  <head>
    <!-- Required meta tags -->
    <meta charset="utf-8">
    <meta name="viewport" content="width=device-width, initial-scale=1, shrink-to-fit=no">

    <!-- Bootstrap CSS -->
    <link rel="stylesheet" href="https://stackpath.bootstrapcdn.com/bootstrap/4.3.1/css/bootstrap.min.css" integrity="sha384-ggOyR0iXCbMQv3Xipma34MD+dH/1fQ784/j6cY/iJTQUOhcWr7x9JvoRxT2MZw1T" crossorigin="anonymous">

    <title>ログインフォーム</title>
  </head>
  <body>
    <div class="container">
      <h2>ログインフォーム</h2>
    </div>

    <!-- Optional JavaScript -->
    <!-- jQuery first, then Popper.js, then Bootstrap JS -->
    <script src="https://code.jquery.com/jquery-3.3.1.slim.min.js" integrity="sha384-q8i/X+965DzO0rT7abK41JStQIAqVgRVzpbzo5smXKp4YfRvH+8abtTE1Pi6jizo" crossorigin="anonymous"></script>
    <script src="https://cdnjs.cloudflare.com/ajax/libs/popper.js/1.14.7/umd/popper.min.js" integrity="sha384-UO2eT0CpHqdSJQ6hJty5KVphtPhzWj9WO1clHTMGa3JDZwrnQq4sF86dIHNDz0W1" crossorigin="anonymous"></script>
    <script src="https://stackpath.bootstrapcdn.com/bootstrap/4.3.1/js/bootstrap.min.js" integrity="sha384-JjSmVgyd0p3pXB1rRibZUAYoIIy6OrQ6VrjIEaFf/nJGzIxFDsf4x0xIM+B07jRM" crossorigin="anonymous"></script>
  </body>
</html>

 

保存したhtmlファイルをブラウザで開いて、以下の様に表示されていればBootstrapを使う準備は完了です。

参考 Starter templateBootstrap公式ページ

レスポンシブデザインの入力フォームを作る

次は「ラベル」と「テキストボックス」を配置して入力フォームを作成します。

ポイント
  1. 入力フォームを作成する場合には、まずformタグを作成する
  2. formタグの中に「ラベル+テキストボックス」ごとにform-groupクラスを持つdivタグを作成する
  3. その中にlabelタグとinputタグを入れる。
  4. inputにはform-controlクラスを設定する

copy

<!doctype html>
<html lang="ja">
  <head>
    <!-- Required meta tags -->
    <meta charset="utf-8">
    <meta name="viewport" content="width=device-width, initial-scale=1, shrink-to-fit=no">

    <!-- Bootstrap CSS -->
    <link rel="stylesheet" href="https://stackpath.bootstrapcdn.com/bootstrap/4.3.1/css/bootstrap.min.css" integrity="sha384-ggOyR0iXCbMQv3Xipma34MD+dH/1fQ784/j6cY/iJTQUOhcWr7x9JvoRxT2MZw1T" crossorigin="anonymous">

    <title>ログインフォーム</title>
  </head>
  <body>
    <!-- containerクラスで囲むことで、レスポンシブ対応します -->
    <div class="container">
      <h2>ログインフォーム</h2>
      <!-- 入力フォーム -->
      <form>
        <div class="form-group">
          <label for="exampleInputEmail">メールアドレス</label>
          <input type="email" class="form-control" id="exampleInputEmail" aria-describedby="emailHelp" placeholder="xxx@gmail.com">
        </div>
        <div class="form-group">
          <label for="exampleInputPassword">パスワード</label>
          <input type="password" class="form-control" id="exampleInputPassword" placeholder="英数字8文字以上">
        </div>
        <button type="submit" class="btn btn-primary">ログイン</button>
      </form>
    </div>

    <!-- Optional JavaScript -->
    <!-- jQuery first, then Popper.js, then Bootstrap JS -->
    <script src="https://code.jquery.com/jquery-3.3.1.slim.min.js" integrity="sha384-q8i/X+965DzO0rT7abK41JStQIAqVgRVzpbzo5smXKp4YfRvH+8abtTE1Pi6jizo" crossorigin="anonymous"></script>
    <script src="https://cdnjs.cloudflare.com/ajax/libs/popper.js/1.14.7/umd/popper.min.js" integrity="sha384-UO2eT0CpHqdSJQ6hJty5KVphtPhzWj9WO1clHTMGa3JDZwrnQq4sF86dIHNDz0W1" crossorigin="anonymous"></script>
    <script src="https://stackpath.bootstrapcdn.com/bootstrap/4.3.1/js/bootstrap.min.js" integrity="sha384-JjSmVgyd0p3pXB1rRibZUAYoIIy6OrQ6VrjIEaFf/nJGzIxFDsf4x0xIM+B07jRM" crossorigin="anonymous"></script>
  </body>
</html>

 

こちらのソースコードもコピペして、htmlファイルを開きなおしてください。

下の様に表示されていれば入力フォームの完成です。

そして、レスポンシブデザインになっていることを確認するために、画面の幅を小さくしてみましょう。

テキストボックスの大きさが、画面の大きさに合わせて小さくなっていることが確認できます。これだけでレスポンシブデザインの画面が作成できるのがBootstrapを使うメリットのひとつですね。

参考 Bootstrap公式のフォーム作成ページBootstrap

まとめ

公式ページからコードをコピーして貼り付けることで、Bootstrapは簡単に始めることが出来ます。

公式ページにはWebページを作成するための様々なクラスが存在するので、試しながら作成して見てはいかがでしょうか。

僕は最近、Bootstrapのみを使って、以下の様なログイン画面と登録・一覧画面を作成しました。

一覧画面ではmediaクラスを使用しています。


関連記事

ランディングページを作成したい方はこちらもどうぞ。

Bootstrapでランディングページを作りたい人はドットインストールを見よう

今回はBootstrapだけでしたが、次はBootstrapとjQueryを使って簡単なTODOリストを作成する記事を書きました。

こちらもソースコードを貼ってあるので、コピペするだけで実装可能となっています。

【初心者向け】BootstrapとjQueryでTODOリストを作成①

この記事を読んだ方におすすめのサイト

Bootstrapの知識をさらに深めたい方には、UdemyのBootstrap4のコース がおすすめです。

Bootstrapを使用して、おしゃれなサンプルページを5つ作成することができるので、このコースを利用して実際に手を動かせば、かなり実践的な知識を得ることができます。

Udemy|Bootstrap4のおすすめコースはこちら