金沢ひとり旅行記【一泊二日】

金沢に1泊2日で旅行をしてきました。

今回の旅をまとめるとこんな感じです。

  • 移動:新幹線
  • 日程:1泊2日
  • 行きたいところ:「ひがし茶屋街」「21世紀美術館」「兼六園」
  • 予算:総額5万円以内

移動は新幹線

今回の旅は、1泊2日と短い日程だったので、「時間>お金」の優先順位になり新幹線を使用しました。

「かがやき」に乗れば東京からは新幹線で約2時間半

東京〜金沢間は北陸新幹線が通っています。

新幹線の種類は「かがやき」と「はくたか」2種類あり、「はくたか」が各停で「かがやき」が快速のイメージです。

「かがやき」では、東京から金沢まで停車駅が4つしかないため、東京〜金沢間を2時間半で移動できます。(「はくたか」だと3時間強かかります)

ちなみに「はくたか」と「かがやき」には全ての座席にコンセントが付いているので、スマホの電源が気になる方も安心です。

J-WESTで1日前に予約すればお得

新幹線で東京から金沢に行く場合、J-WESTというJR西日本のネットサービスに登録して、前日までにインターネットから予約すると1,400円お得になります(JR西日本のサイト)

年会費もかからないので、面倒でない人はJ-WESTから予約して節約しましょう。

僕は行きの新幹線の中でJ-WESTのことを知って、めっちゃショックを受けました…。

「J-WESTのサイト」はこちら

金沢1泊2日のひとり旅行記

金沢駅に到着したのは、13時少し前でした。

金沢観光をした1日半の記録を紹介していきます。

着いたら観光案内所でパンフレットをもらう

金沢駅の新幹線改札を出ると、正面に観光案内所があります。

「金沢観光案内所のサイト」はこちら

 

金沢について何も調べてない方には、金沢観光に十分な情報が乗っています。

また、パンフレットにはバスの路線が載っているため、とりあえずもらっておいて損はないと思います。

金沢観光をする際には、観光名所がそこそこ離れているため、バスを利用することが多くなると思いますので。

金沢駅前のバスロータリーには大きな掲示板があり、バスの行き先がわかるようになってはいますが、観光用の路線が6本くらいありますので、路線図を持っていると安心できるかと。

金沢駅〜ひがし茶屋街

「金沢駅」から「ひがし茶屋街」までは、約2キロほどの道のりです。

道中、「近江市場」や「主計町茶屋街」もあるので、寄り道しながらのんびり歩くのもいいと思います。

僕は金沢駅からのんびりと歩きましたが、寄り道をしなければひがし茶屋街まで30分くらいで着いたと思います。

バスを使用しても200円なので、疲れるのがイヤな方はバスを使いましょう。

個人的には道中も楽しめたので歩いてよかったです。

 

ひがし茶屋街の雰囲気はこんな感じです。

ひがし茶屋街にあったおしゃれカフェの写真です。

おしゃれカフェは店内もおしゃれでした(ケーキセットは900円)。

夜はバーをやっているそうです。

 

「主計町茶屋街」は「ひがし茶屋街」のかなり近くにあるのに、人が少なかったのは意外でした。

「主計町茶屋街」は非常にこじんまりとした場所ではありますが、行く価値はあると思います。

主計町茶屋街はこんな雰囲気です。

柳宗理記念デザイン研究所

ひがし茶屋街の近くに、柳宗理記念デザイン研究所があります。

展示スペースはこじんまりとしていますが、無料で見ることができるので、柳宗理さんに興味がある方は行ってみていいと思います。

僕は散歩してる最中に見つけたのですが、まさかの月曜が休館日で見ることができませんでした…。

無念の休館日…。

「柳宗理記念デザイン研究所」はこちら

夕食は「廻る富山湾 すし玉 金沢駅店」

夕食は駅ナカの2階にあるお寿司屋さんにしました。

回転寿司ですが、頼むとその場で握ってくれます。

地物11巻で1,680円という値段で、なかなか美味い寿司を食べることができました。

いくらの粒が普段見ている1.5倍くらいあり衝撃でした。

「廻る富山湾 すし玉 金沢駅店」|食べログ

ホテルは「ドーミーイン金沢」

金沢駅から徒歩数分の立地にあります。

このホテルの1番のポイントは、なんといっても大浴場で、露天風呂とサウナまでついています。

半日で11キロほど歩いたので、大浴場でのんびりするのは疲れを取るのに最高でした。

また、1階のレストランスペースでは、19時から21時まではドリンク無料(アルコールもあり)、21時から22時半までは夜鳴きそばを無料で食べることができます。

僕は夜鳴きそばに備えて、夕食を17時くらいに食べていました。笑

「加賀の湧泉 ドーミーイン金沢」|楽天トラベル

長町武家屋敷跡

2日目は朝から長町武家屋敷跡に向かいました。

金沢駅から長町武家屋敷跡まで歩いて30分くらいです。

用水路周りは景観に合わせて作られていて風情があります(写真撮り忘れてしまいました…)。

 

長町武家屋敷跡の特徴は、この壁と石畳みですね。

人がいない通りを撮りたくて朝10時前に行ったのですが、年配の方々の朝は早いですね。

21世紀美術館

長町武家屋敷跡から10分くらい歩くと、21世紀美術館に着きます。

平日の11時くらいに行ったのですが、チケットを買うまでに30分待ちました。

Google情報だと15時以降になると、訪問者数が減っていくみたいです。

下の写真で、建物の中にたくさんの人がいますが全部チケット購入の待ちの人です。

おそらく21世紀美術館でいちばん有名なレアンドロのプールは、まさかの改修中でした。

一応写真を撮ったのですが、改修中で人が下に入れないため、ただのプールに…無念。

「金沢21世紀美術館」の公式ページ

 

21世紀美術館の近くでお昼を食べようと思い、食べログで評判のお店「あげは」に行こうと思ったのですが、まさかの月火休みでした…また無念。

他にも「あげは」の近くに「のど黒めし本舗 いたる」もあったのですが、12時30分の時点で売り切れになっていました…またまた無念。

どちらも食べログで3.5を超える評価がついてますので、ぜひとも行ってみたかったです。

「あげは」|食べログ

「のど黒めし本舗 いたる」|食べログ 

兼六園・金沢城跡

昨日から歩き続けていたので、兼六園についたときにはヘロヘロになっていました。

ただ、日本三大庭園のひとつと言うこともあり、とても綺麗でした。

庭園が好きな人(風景が好きな人)はいくらでも写真を撮れると思います。

逆に言うと、庭園に大して興味がない人と行くともったいないかもしれないです。

こちらは金沢城跡の石川門です。

帰りは駅弁

新幹線までの時間を潰すためにフォーラス6階にあるスタバで、充電しつつ休憩。

新幹線の時間直前に、スタバと同じフロアにある「もりもり寿司」がうまいと言うのを知ってげんなり。

普段はめちゃくちゃ混んでるらしいので行きたかったです…次回の楽しみとします。

ちなみに平日16時ではカウンターが埋まってませんでした。

もりもり寿し 金沢駅前店|食べログ

 

その代わりと言っては何ですが、帰りは新幹線の中で駅弁を食べながら帰りました。(駅ナカで1,300円くらい)

隣席では仕事をしているサラリーマンの方がいて、申し訳ないと感じていましたが、これもまた旅行の楽しみですからね。笑

金沢ひとり旅行記まとめ

1泊2日の短い期間の旅行でしたが、十二分に楽しむことができました。

行きたかった「ひがし茶屋街」「21世紀美術館」「兼六園」にも行けましたし、お金も5万円以内に抑えることができました。

ひとつ反省点があるとすれば、歩きすぎて疲れ切ってしまったこと。

2日間で20キロ超歩いていて、2日目の昼頃からは疲れがひどかったです。笑

 

今回使ったお金はこんな感じでした。

  • 新幹線代      :26,800円 = 14,100円 + 12,700円
  • 宿代        :  8,500円
  • 21世紀美術館入館料:  1,000円
  • 食費と土産代    :  7,840円
  • 合計        :44,140円

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

北海道旅行記(札幌・旭山動物園・美瑛)【2泊3日】 草津温泉「木の葉」 の温泉で疲れを癒そう

1 COMMENT

現在コメントは受け付けておりません。