【Linux】ファイル・フォルダ関連のコマンド

Windowsではマウスのクリックを使えば、ファイルやフォルダに関する操作は出来たけど、

文字しか入力出来ないLinuxでは、ファイルやフォルダに関する操作はどうやって出来るんだろう?

 

Linuxにおいてファイルやフォルダに関する操作をすることは基本中の基本になります。

本記事では、ファイルとフォルダ操作のコマンドをまとめました。

フォルダ移動

  • 現在のフォルダの確認はpwdコマンド
  • 別フォルダへの移動はcdコマンド

pwdコマンド

copy

pwd

カレントディレクトリを確認するコマンドです。現在のフォルダをカレントディレクトリと呼びます。

cdコマンド

copy

cd 移動後のフォルダ名

cdの後にフォルダ名を入力することで、フォルダを移動することが出来ます。移動するフォルダ名が分からない時には、tabボタンを2回押すことでフォルダの一覧が表示されます。

ファイル操作

  • ファイルの作成はtouchコマンド
  • ファイルのコピーはcpコマンド
  • ファイルの移動やファイル名の変更はmvコマンド
  • ファイルの削除はrmコマンド

touchコマンド

copy

touch ファイル名

touchコマンドを実行すると、空のファイルを新しく作成することが出来ます。

cpコマンド

copy

cp コピー元ファイル名 コピー先ファイル名(or フォルダ名)

コピー先のフォルダ名を指定した時には、ファイル名はコピー元のファイル名がそのまま使用されます。

コピー元とコピー先のフォルダが異なっていてもコピーすることが可能です。

mvコマンド

copy

mv 移動元ファイル名 移動先ディレクトリ( or ファイル名)

mvコマンドにはファイルの移動とファイル名の変更の2つの機能があります。

移動先のディレクトリを指定した場合は、ファイルが移動されます。

移動先のファイル名を指定した場合は、ファイル名が変更されます。

rmコマンド

copy

rm -i 削除するファイル名

rmでファイルを削除してしまうと、復元出来なくなるのでrmコマンドを使用する際には注意が必要です。iオプションをつけると、削除確認するメッセージが出るので、不安な方はオプションをつけましょう。

フォルダ操作

  • フォルダを作成はmkdirコマンド
  • フォルダのコピーはcpコマンドに-rオプション
  • フォルダの移動はmvコマンド
  • フォルダの削除はrmコマンドに-rオプション

mkdirコマンド

copy

mkdir フォルダ名

copy

mkdir -p フォルダ名/フォルダ名

mkdirコマンドでフォルダを作成することが出来ます。

新しいフォルダの階層を作成したい時には-pオプションをつけることで、フォルダの階層をまとめて作成することが出来ます。

cp -rコマンド

copy

cp -r フォルダ名 フォルダ名

ファイルのcpコマンドと似ていますが、フォルダをコピーする際には-rオプションが必要です。

フォルダに対してオプション無しのcpコマンドを実行するとエラーが発生します。

mvコマンド

copy

mv 移動元フォルダ名 移動先フォルダ名

フォルダに使用するmvコマンドもフォルダの移動とフォルダ名の変更の2つの機能があります。移動先フォルダが違うフォルダであればフォルダの移動同じフォルダ内であれば名称の変更になります。

rm -rコマンド

copy

rm -r 削除するフォルダ

ファイルのrmコマンドと同じで、一度削除してしまうと復元出来ないので注意が必要です。

フォルダに対してオプション無しのcpコマンドを実行するとエラーが発生します。

ファイル表示

  • テキストファイルの中身の表示はcatコマンド
  • 大きなテキストファイルの中身の表示はlessコマンド
  • ファイルの先頭部分の表示はheadコマンド
  • ファイルの末尾部分の表示はtailコマンド

catコマンド

copy

cat ファイル名

テキストファイルの中身を確認する際に使用します。

ファイル名を半角スペースで区切ることで、複数のファイルの中身を確認することが出来ます。

catコマンドを実行すると、ファイルの最後が表示されるため、大きいファイルを開くのには適していません

lessコマンド

copy

less ファイル名

lessコマンドもテキストファイルの中身を確認することが出来ます。

catコマンドとの違いは、初めからファイルの先頭を表示することです。↑↓で1行ずつ移動し、スペースキーで1画面先に進みます。

中身の確認を終了する際にはqを押します

headコマンド

copy

head 行数 ファイル名

ファイルの先頭部分を指定した行数だけ表示します。何も指定しないと10行表示されます。

tailコマンド

copy

tail 行数 ファイル名

ファイルの末尾部分を指定した行数だけ表示します。headコマンドと同様に何も指定しない場合は10行表示されます。

まとめ

  • 現在のフォルダの確認はpwdコマンド
  • 別フォルダへの移動はcdコマンド
  • ファイルの作成はtouchコマンド
  • ファイルのコピーはcpコマンド
  • ファイルの移動やファイル名の変更はmvコマンド
  • ファイルの削除はrmコマンド
  • フォルダを作成はmkdirコマンド
  • フォルダのコピーはcpコマンドに-rオプション
  • フォルダの移動はmvコマンド
  • フォルダの削除はrmコマンドに-rオプション
  • テキストファイルの中身の表示はcatコマンド
  • 大きなテキストファイルの中身の表示はlessコマンド

rmコマンド以外はどんどんコマンドを打って慣れるのがよいと思います。そのうちアレルギーもなくなってきますので、そしたらもっとコマンドについて学んでいきましょう!

 

▼今回参考にした本はこちらです▼

 

▼「Linux勉強中という方」はこちらもどうぞ▼

【Linux】初心者を脱出するためのコマンドを覚えよう