7/15日から始まるAmazonプライムデーの準備はおすみですか? ギフト券チャージで最大3%ポイント還元!

【Linux】viエディタの使い方

Linuxを操作している時にviエディタを使う機会があるんだけど、普段使っているエディタと操作が違いすぎて、すぐに操作方法を忘れてしまうんだよね。

 

たまにしかviエディタを使わないと、操作方法を忘れてしまうことありますよね。

自分も同じで、viを使うたびに「操作を間違えて何かやらかすのではないか?」と心配しながら使っています。

 

自分も含めそんな方向けに、操作をまとめました。

viエディタの起動方法

viエディタと言う通り、viコマンドでファイルを開くと、ファイルを編集することが出来ます。(lessやcatコマンドはファイルを参照するだけです。)

vi ファイル名

コマンドモードと挿入モード

viエディタには、コマンドモード挿入モードがあります。

MEMO
2つモードがあることで、初学者がつまずきやすくなっている気がします。ここでしっかりと覚えてしまいましょう!

 

  • コマンドモード:カーソルの移動、文字削除・切り取り・貼り付けなどの操作ができる
  • 挿入モード:キーボードの入力が直接反映される

viエディタを起動した直後はコマンドモードのため、そのままでは文字を入力することは出来ません。文字を入力するためには挿入モードにする必要があります。

 

以下コマンドモードでの操作と、挿入モードへの切り替え操作です。

コマンドモード時の操作

操作説明
h左へ移動
j下へ移動
k上へ移動
l右へ移動
0カーソルのある行頭へ移動
$カーソルのある行末へ移動
ggファイルの先頭へ移動
Gファイルの末尾へ移動

挿入モードへの切り替え

操作説明
iカーソル位置から入力開始
Iカーソルを行頭に移動し入力開始
oカーソルがある行の下に空白行を追加し、入力開始
Oカーソルがある行の上に空白行を追加し、入力開始
aカーソルの右側から入力開始
Aカーソルを行末に移動し入力開始

挿入モードからコマンドモードへ切り替え

操作説明
Escコマンドモードへ切り替え

ファイルの保存

viエディタで編集をしても、コマンドモードでファイル保存コマンドを実行しないとファイルの保存はされません

以下ファイル保存のコマンドです。

初めのうちは「:」を忘れがちなので注意してください!

操作説明
:wファイルを保存する
:wqまたはZZファイルを保存して終了する
:q!ファイルを保存せず終了する

現在開いているファイルの名前をsample.txtとして保存したい場合には、「:w sample.txt」と入力することで名前をつけて保存できます。

ファイル操作

コマンドモードでは、切り取りやコピーのコマンドが用意されています。

便利な点は、コマンドの前に数字をつけることで、数字分の操作を一括でできる点です。

ちょっと何言ってるか分からないですね…。

サンプルを書きます!

例えば、3ddと入力するとカーソルがある行から3行切り取ることができます。

操作説明
ddカーソルがある行を切り取る
yyカーソルがある行をコピーする
pカーソルがある行に貼り付ける
xカーソル位置の1文字を切り取る
Xカーソル位置の左1文字を切り取る

文字列検索

コマンドモードで/を入力し、そのあとに検索したい文字列を入力してEnterキーを押すと、viエディタ上で文字列を検索をすることが出来ます。

検索結果が複数ある場合には、nを押すとファイルの下方向に、Nを押すとファイルの下方向に検索をします。

まとめ

見ただけでは覚えられませんので、viエディタを何回も使って操作を覚えましょう!

  • vi ファイル名でviエディタを起動
  • コマンドモードと挿入モードがある
  • ファイル保存を忘れないように
  • コマンドモードでファイル操作や文字列検索が可能

 

▼今回参考にした本はこちらです▼

 

▼「Linux勉強中という方」はこちらもどうぞ▼

【Linux】初心者を脱出するためのコマンドを覚えよう