【OS XにPHP開発環境作成】 XAMPPをインストールする時のポイント

ProgateでPHPを勉強した後、実環境でPHPを動かせるようにしようと思い、環境を構築したのですが、思った以上に大変でした。

何故だったかというと、Windowsへの記事はたくさんあったのですが、macの記事が少なかったためです。

そこで、今回OS XでXAMPPを使用してPHP環境を作成する際に、つまづいたポイントをまとめました。

同じような悩みを持った方に少しでも役に立てばと思います。

 

XAMPPをインストールする

XAMPPとは、PHPとデータベースを一度にインストールすることが出来る便利なパッケージです。XAMPPをインストールすればPHPの開発環境を作成することができます。

XAMPPのサイトは以下になります。

参考 XAMPPメインページ XAMPP日本語サイト

 

サイトを開くと、メインページにもXAMPPファイルをダウンロードするボタンがありますが、ここからはダウンロードしません。VM上で動くインストーラらしく、僕は使用する事を諦めました。詳しくは下のサイトをご覧ください。

参考 XAMPP for OS Xからかなり変わったXAMPP-VM for OS X のメモuzullaがブログ

 

ではどこからダウンロードするのかというと、画面上部のメニューからダウンロードをクリックします。

 

ダウンロード画面に遷移したら、バージョン7.X.X / PHP 7.X.Xをダウンロードします。

 

ダウンロードが完了したら、dmgファイルをクリックしてインストールしましょう。設定を変更する箇所は特にありませんので、NEXTを押してインストールを進めましょう。

 

XAMPPを起動する

インストールが完了すると、LaunchpadのなかにXAMPP(その他)というフォルダが作成されていますので、その中のmanager-osxをクリックしましょう。

 

起動すると以下の画面が表示されます。

 

Manage Serversタブに移動し、Start AllをクリックしてStatusが全てRunningになったらPHPとデータベースが使用可能になります。

 

データベースが使用可能になっているか確認するためにWelcomeタブに移動し、Go To Applicationをクリックしましょう。(2つ上の図の赤枠部分)

すると以下のような画面が表示されますので、右上のphpMyAdminをクリックしてください。

 

以下のような画面が表示されたらデータベースの起動確認完了です。

 

PHPとデータベースを日本語対応させる

XAMPPをインストールする際には、日本語対応させる必要があります。この作業をしないと日本語が文字化けしてしまいますので、以下2ファイルの修正をします。

PHP用のファイル

ファイルの場所
Application/XAMPP/xamppfiles/etc/php.ini

default characterで検索して、以下太字部分を追加してください。

php.ini
; PHP's default character set is set to empty.
; http://php.net/default-charset
;default_charset = "iso-8859-1"
default_charset = UTF-8

[mbstring]で検索して、以下太字部分を追加してください。

php.ini
[mbstring] 
; language for internal character representation. 
; http://php.net/mbstring.language 
;mbstring.language = Japanese 
mbstring.language = Japanese 

; internal/script encoding. ; Some encoding cannot work as internal encoding. 
; (e.g. SJIS, BIG5, ISO-2022-*) 
; http://php.net/mbstring.internal-encoding ;mbstring.internal_encoding = EUC-JP mbstring.internal_encoding = UTF-8

データベース用のファイル

ファイルの場所
Application/XAMPP/xamppfiles/etc/my.cnf

[client]で検索して、以下太字部分を追加してください。

my.cnf
[client]
#password = your_password
port = 3308
socket = /Applications/XAMPP/xamppfiles/var/mysql/mysql.sock
default-character-set = utf8

[mysql]で検索して、以下太字部分を追加してください。

my.cnf
[mysql]
no-auto-rehash
# Remove the next comment character if you are not familiar with SQL
#safe-updates
default-character-set = utf8

[mysqld]で検索して、以下太字部分を追加してください。

my.cnf
[mysqld]
user = mysql
port=3308
socket = /Applications/XAMPP/xamppfiles/var/mysql/mysql.sock
skip-external-locking
key_buffer = 16M
max_allowed_packet = 1M
table_open_cache = 64
sort_buffer_size = 512K
net_buffer_length = 8K
read_buffer_size = 256K
read_rnd_buffer_size = 512K
myisam_sort_buffer_size = 8M
character-set-server=utf8

 

まとめ

一部分でも役立つ情報があれば幸いです。

上記以外でも困った箇所がありましたら、コメントを頂けるとさらに皆さんの役に立つと思います。よろしくお願いします。