7/15日から始まるAmazonプライムデーの準備はおすみですか? ギフト券チャージで最大3%ポイント還元!

積立NISA(ニーサ)11ヶ月目の運用報告

こんにちは、たけのこ(@takenoko_blog)です。

 

個別株で失敗したことから長期投資に興味を持ち、2018年度から積立NISAを始めました。

11か月目の運用報告の結論を言いますと、10%を超える含み損を抱える状態になっています。

注意点

SNSなどで、利益を強調して投資をすすめる方が多くいますが、損失が出たとしても責任は本人にあります。

そこをきちんと理解した上で、投資をするかどうか判断しましょう。

積立NISAで積立ている投資信託

購入している投資信託は次のふたつです。

  • 楽天・全米インデックス・ファンド
  • 楽天・全世界株式インデックス・ファンド

米国株投資で有名なブロガー・たぱぞうさん(@tapazou29)のサイトを参考にしています。

参考 楽天・全米株式インデックス・ファンドの解説たぱぞうの米国株投資

運用報告

積立NISAを始めて11か月目、成績は次のようになっています。

  • 投資金額:220,000円
  • 評価額 :189,674円
  • 利益  : -30,326

8か月目は約13,000円(約8%)の含み益がありましたが、2018年の終盤にかけての株式下落の影響を受けて損益が大きく膨らんでいます

 

正直、このような報告を見て、積み立てNISA(投資)を始めようとする方は少ないかもしれませんね。

僕もこれから始める立場だとしたら、リスク大きすぎでは?と感じてしまいそうです。

しかし、つみたてNISAの期間は20年と設定されているので、その間に下がることもあれば上がることがあるのは当然です。

僕は、長期的に考えて、貯金しているだけでは得られないリターンが得られるかもしれない、ということでつみたてNISAを利用しています。

0円になるかも…みたいなことがない限りは放置し続ける予定です。

 

また、投資はリスクがあるのは当然ですから、そのリスクを許容できる範囲で投資をするのがよいと思います。

僕は以下のような感じで、つみたてNISAで投資をしています。

  • 1年以上生活ができるだけの貯金がある
  • 現在も貯金を続けている
  • 貯金とつみたてNISAの割合は、5対1くらい 

 

僕は売らずに保有し続ける方針をとっていますが、ある程度利益が出たところで売ってしまうのもひとつの方法です。

例えば、僕と同じように積み立てていた方は、8か月目の時点で売却してしまえば、16万円の投資で1万円の利益を得ることができています。

長期的に考えるか、短期的に利益を得るかは人それぞれです。

自分の考える資産形成に合った投資方法を選んでみてください。

今後の方針

現在購入している2つの投資信託は今後も継続して積み立てていく予定です。

 

マイナス報告をして、つみたてNISAに興味を持つ人は少ないかも知れませんね…。

それでも投資に興味がある方は、iDeCo(確定拠出年金)で個人年金をためてみるのがいいかもしれません。

iDeCoで積み立てた掛け金は、全額所得控除の対象になる(積み立てた掛け金の分だけ、所得税が安くなる)ので、節税メリットがあります。

iDeCoもネット証券から積み立てることが可能ですので、気になる方は下のサイトをご覧ください。

  • SBI証券:口座開設数が最も多いネット証券です。
  • マネックス証券:外国株の取り扱いが豊富なネット証券です。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【積立投資】はじめての人のための3000円投資生活 おすすめ株主優待【食べ物・カタログギフト・商品券】

口座開設はこちら

  • SBI証券:口座開設数が最も多いネット証券です。
  • マネックス証券:外国株の取り扱いが豊富なネット証券です。