Node.jsでExpressを使ってサーバーを起動する

フレームワークExpressを使用することで、効率よくNode.jsの開発をすすめることができます。

本記事では、Expressを使ったサーバー起動方法まとめました。

 

Node.jsとVisual Studio Codeを使用します。まだインストールしていない場合は下記を参照してください。

 

Node.jsでExpressを使うための準備

メモ

本記事では「C:\Users\Public\Documents\Node\ExpressSample」で作業をすすめます。

 

1. Visulal Studio Codeを起動し「ファイル / フォルダを開く」から、ExpressSampleフォルダを開きます。

 

2. 「表示 / ターミナル」をクリック、またはショートカット「Ctrl + @」でターミナルを開きます。

 

手順1でExpressフォルダを開くことで、ターミナルのカレントディレクトリがExpressSampleの状態で起動されます。

 

3. ターミナルで”npm init“と入力しましょう。

ExpressSampleフォルダに移動していることが前提です。移動できてない人は”cd”コマンドを使ってExpressSampleフォルダに移動しましょう。cdコマンドが分からない方は下記を参照ください。

参考記事cdコマンドの使い方を簡単にご紹介【Windowsコマンド集】

 

copy

npm init
メモ

ターミナルに文字を貼り付けるときは、文字をコピーしたあとにマウスの右クリックで可能です。

 

色々と聞かれますが、とりあえずすべてEnterで先に進みます。最後に”Is this OK? (yes)”と聞かれるので、ここでもEnterを押しましょう。

すると、ExpressSampleフォルダの下に「package.json」ファイルが作成されます。

 

4. Expressをインストールします。ターミナルに”npm install express –save“と入力しましょう。

copy

npm install express --save

 

これでExpressのインストールが完了です。

Node.jsでExpressを使ったサンプル

1. ExpressSampleフォルダ直下に、「index.js」ファイルを作成して、下記ソースコードを貼り付けてください。

index.js

copy

var express = require('express');
var app = express();

app.get('/', function(req, res){
    res.send('Hello World!!!');
});

var server = app.listen(3000, function(){
    console.log('サーバーを起動しました')
});

 

比較のために、Express未使用で同じ処理をするソースを下記に示します。

Express未使用

copy

var http = require('http');

var server = http.createServer(function(req, res){
    res.writeHead(200, {'Content-Type': 'text/plan'});
    res.write('Hello World!!!');
    res.end();
})

server.listen(3000);
console.log('サーバーを起動しました'); 

サーバー作成部分が簡略化されていることがわかるでしょう。

 

2. ターミナルに”node index.js“を入力してください。

copy

node index.js

 

3. 正常に起動したら、console.logに設定した文字が表示されます。本記事では”サーバーを起動しました”と表示されます。

 

そしてインターネットブラウザから”localhost:3000“にアクセスすると、下記画面が表示され、サーバーにアクセスできることが確認できます。

以上でExpressを使ったサーバー作成が完了です。