7/15日から始まるAmazonプライムデーの準備はおすみですか? ギフト券チャージで最大3%ポイント還元!

SEでつらいと思った仕事【SEあるある】

SEってつらいとよく聞くけど、実際にどんなつらい仕事があるんだろう?

今年でSEとして働き始めて6年になります。

これまでに経験してきて、つらいと感じた仕事を紹介します。

注意

あくまでも個人の経験談に基づくものなので、全てのSEに当てはまることではないのでご注意ください。

SEでつらいと思ったこと

6年間で色々な経験をしましたが、今回は4つに絞って紹介しようと思います。

終わらないプロジェクト

仕事は期間が決まっているので、その期間に合わせてスケジュールを立てて、仕事を進めていきます。

しかし、そのスケジュールが正しくないことが、僕の知っているSEの世界ではよく起こります(本当は起こってはいけないことなんですけど…)。

 

なぜそのようなことが起こるかというと、次の理由があります。

僕が経験したプロジェクトでスケジュールが遅れる原因は、「見積もりが甘い」「品質が悪い」「仕様漏れがある」「マネジメントができていない」など。

 

最もきつい仕事のときには、上の4つの原因全てが重なっていて、プロジェクトの終わりが近づいても、一向によくなる気配がありませんでした。

そのため、お客さんへの報告のたびに「納期が遅れます…。」と繰り返し説明することに。

ただのいち担当者だったのですが、お客さんの報告には一緒に行かねばならず、その空気といったら…。

下っ端ながらに、「PMの人は、なぜ一回で長期の納期延期をお願いしないのだろうか?」と疑問で仕方ありませんでした。

一時は「一生終わらないのでは?」と思ったりもしましたが、終わるものですね。

あきらめずに続けていれば、いつかは終わるものだと何かを悟りました。

 

ただ、二度とあんなプロジェクトに入りたくないと思いましたし、自分のときにはあんな風にならないようにしようと思った仕事でした。

属人化につぐ属人化で長時間労働

大きいプロジェクトが始まると、いいメンバーを集めたいということから人の異動があります。

しっかりと引き継ぎをしてから異動してくれればいいのですが、引き継ぎがなされずに異動する事がしばしば。

その一方で、みんなが異動してしまうと、元々の場所の仕事が成り立たなくなるので、全く異動しない人もいます。

 

そうなると、異動しない人がシステムを引き継ぐことになります。

結果として、異動しない人の担当するシステムが増えていく。

当然のことながら、担当するシステムが多くなれば、仕事量は増え、残業も増えます。

僕の場合は、異動先でも元々担当していたシステムの問い合わせ対応しないといけないことがあって、それのために休日出勤することもありました。

引き継ぐ人がいなかったので、書類を残しておいたんですけどね…。

 

人を増やせばいいんじゃないの?

と思っていたのですが、お金の問題で簡単に人を増やせないのが実情です。

毎月安定してお金をもらえる仕事があればいいのですが、弊社の場合は、仕事ごとにお金をもらう事が多いのです。

今月は仕事があっても、来月以降は仕事があるとは限らない。そのため、簡単には人を増やせないのです。

 

ただ、属人化はかなりのリスクがあります。

その人が辞めてしまったら、一気に仕事が止まってしまいますからね。

それに、そのプロジェクトでの知識が周囲に共有されないのは、非常にもったいない。

目先の利益が大切なのは分かりますが、それよりも長期的な視点で考えてほしいところです。

テストのときに仕様が違う宣言

システムを作るときには、あらかじめお客さんに必要な機能を聞き出して、不足していることがないか確認してからプログラミングをし始めます

にも関わらず、プログラミングが完了してお客さんにテストをしてもらったときに、「この機能おかしくない?」との指摘を受けることがあります。

その理由は色々あります。

  • 開発前に必要な機能が漏れていた
  • 確認してもらうときに間違いに気がつかなかった
  • 開発している最中に必要な機能が変わった

などなど。

開発前に機能が漏れていた場合には、こちらの聞き取りが十分ではなかったことも考えられるので仕方ない部分もあります。

しかし、他に関しては相手側に問題があるはずです。

それにも関わらず、力関係が「お客さん>会社」の場合には、対応せざるを得ないことも。

当然スケジュールが遅れるのですが、理解がない人がお客さんの担当者の場合、なぜかこちらの責任になったりすることもあります。

理不尽すぎますよね…。

OSを勝手に変更されたのに不具合と言われる

Windowsのバージョンが変更されると、既存のシステムが動くか分からなくなるので、対応しているOSをあらかじめ決めてからシステムを作ります。

ただ、そのことを知らない人が勝手にOSのバージョンを上げてしまったことがありました。

そして、「不具合が出てるんですけど?」という報告…。

システムを作ったことがない人からしてみれば、Windowsのバージョンを上げたときに対応するのは当然でしょ?と思うかもしれませんが、その労力といったら…。

SEの仕事がつらいけど続けるメリット

これまで、SEの仕事でつらかったことを書いてきましたが、つらいことだけではありません。

このようなつらさを乗り越えることで、得られるメリットもあります。

お客さんの役に立っている実感

SEは、お客さんに近いところで仕事をすることができます。

そのため、お客さんが困っていることを改善していることを実感しやすい。

システムが正常に動き出して、お客さんの仕事が楽になったと聞けたときには、いくらしんどくてもやり切ってよかったと思えます。

さらに、そういった対応が評価してもらえて、次の仕事につながることもあります。

そうなると、信頼してもらえている実感も出てきますのでやる気につながりますね。

 

その他、色々なプロジェクトを経験してくると、過去の経験を他のプロジェクトに活かせることが出てきます。

システム改善の提案をできたり、あらかじめ作業量を削減できたり(コストを下げられる)します。

幅広い知識を得られる

(僕が経験している)SEになると、今まで経験したことがないことに対応することがしばしばあります。

SEはお客さんが困っていることに対応することが多いので、お客さんの環境に合わせてシステムを作ることが多い。(もちろん自分たちから提案はします)

 

僕はSEとしては6年目ですが、プログラミングを書いていた期間は2年ほど。

今までに経験してきたプログラミング言語は、次のものがあります。

  • VBA
  • VB6
  • VB.NET
  • C#
  • Java
  • HTML&CSS

その他には、LinuxやWindows Serverと言った環境構築に関すること。

 

上で紹介した属人化の話もそうですが、誰もシステムのことを知らない状態から、そのシステムの対応をしなければならない状況もあります。教えてくれる人がいないので、自分でなんとかせざるを得ないんですよね。

ただ、そういった状況を何回もくぐり抜けていくと、似たような問題が発生したときに対応できるようになっていきます。

僕の場合は、何でも屋さんになっていますが、企業によっては特定の分野のスペシャリストのような働き方もできるかもしれません。

それでもSEの仕事がつらいなら

SEのいい面、悪い面を書いてきました。

正直、SEというと悪い面が出ることが多いと思いますが、いい面もあります。

 

ただ、SNSなどを見ていると、この記事で書いた「つらい仕事」とは比にならないようなつらい仕事をしている人もいるようですね。

そんな人は、身体を壊す前に転職を考えた方がいいかもしれませんね…。

いろんな業種を見たい方は、DODAリクルートエージェントが求人が多いですね。

エンジニアを続けたい方は、エンジニアの求人に特化しているレバテックがいいと思います。