画面の切り取りが簡単に出来るツール WindowsユーザはSnipping Toolが便利

マニュアルの作成やテストのエビデンスをとる作業をする際に、ひたすら画面のコピーをするという経験がある方もいると思います。

Windowsユーザであればその時には、PrintScreenキーを使用して画面のコピーを取ることが可能です。

しかし、WindowsPCにデフォルトで入っているSnipping Toolを使用するとより楽になると思います。

PrintScreenキーでは画面、もしくはウィンドウごとにしかコピーすることが出来ませんが、Snipping Toolであればウィンドウごとにも、必要範囲のみを切り取ることも可能です。

画面切り取りツール:Snipping Tool起動方法

起動方法は2つあります。

  • ①windowsキーを押してメニューを表示 / ②snipと打つ / ③Snipping Toolをクリック
  • ①windowsキー / ②Windowsアクセサリ / ③Snipping Toolをクリック

起動すると↓のツールが起動します。

画面切り取りツールの使い方

Snipping Toolには使い方が4種類ありますがメインで使うのは2種類。

範囲を指定してコピーする方法と、ウィンドウをコピーする方法です。

  • 範囲指定コピー:①▼ / ②四角形の領域切り取りを選択 / ③新規作成
  • ウィンドウコピー:①▼ / ②ウィンドウの領域切り取りを選択 / ③新規作成

範囲指定コピーする場合には、コピーしたい四角形領域を指定してください。指定した段階でコピーは完了しているので、そのままCtr + Vで貼り付けることが可能です。

ウィンドウコピーをする場合には、コピーしたいウィンドウを選択してください。こちらも選択した段階でコピーは完了しています。

メニューを開いた状態でもコピー可能

さらに便利な機能としては、メニューを開いた状態でウィンドウをコピーすることが可能です。

メニューのどの項目をクリックするかまで、画面コピーを取っておいてと言われた経験がある方もいると思います。その面倒くささと言ったら…。

と言うのも、メニューが開いたウィンドウをAlt + PrintScreenボタンでコピーしようとすると、Altを押した時点でメニューが閉じてしまいます。

上記理由から、このような状態でウィンドウをコピーする際には、「対象のメニューを開く / PrintScreenで画面をコピーする / ペイントなどに貼り付け / 必要な箇所を切り取り / コピーして保存」と手間がかかります。

しかし、Snipping Toolを使えば、Snipping Toolのみでメニューを開いたウィンドウをコピーすることが可能です。

①新規作成 / ②Esc / ③メニューを開く / ④Alt + PrintScreen / ⑤コピー対象を指定

例えば↓のような画面のコピーが可能です。

画面切り取りはSnipping Toolを使おう

これまで知らなかった方は、SnippingToolを使うことで少しでも手間が減れば幸いです!


Windows PCのショートカットキーを知りたい方はこちらもどうぞ▼

仕事を効率化する|WindowsPCで知っておくと便利なショートカットキー