画面の切り取りが簡単に出来るツール WindowsユーザはSnipping Toolが便利

画面のコピーをするときに、WindowsPCにデフォルトで入っているSnipping Toolを使用すると楽になると思います。

本記事では、画面の切り取りツールSnipping Toolの使い方を説明していきます。

画面切り取りツール:Snipping Tool起動方法

起動方法は2つあります。

起動方法1

  • windowsキーを押してメニューを表示
  • snipと打つ
  • Snipping Toolをクリック
snipping tool の起動方法1
 
起動方法2

  • windowsキーをクリック
  • Windowsアクセサリをクリック
  • Snipping Toolをクリック

snipping tool 起動方法2

起動するとこのようなウィンドウが表示されます。使い方を次で説明します。

画面切り取りツールの使い方

Snipping Toolの2つの使い方を紹介します。

①ウィンドウをコピーする方法と、②範囲を指定してコピーする方法があります。

ウィンドウをコピーする方法

モード / ウィンドウの領域切り取り をクリックして、新規作成をクリックします。

ウィンドウコピーをする場合には、コピーしたいウィンドウをクリックしてください。

例えば、開いているメモ帳にカーソルを合わせて、クリックすると、このようになります。

メモ帳全体がコピーされているので、他のところに貼り付けることができます。コピーした後であれば、Ctrl + V で貼り付けられます。

以下では、コピーした画像をExcelに貼り付けてみました。

範囲を指定してコピーする方法

モード / 四角形の領域切り取りをクリックして、新規作成をクリックします。

範囲指定コピーする場合には、コピーしたい四角形領域を指定してください。マウスの左クリックを押しながら切り取りたい範囲を指定し、範囲が決まったら左クリックを放しましょう。

かなり極端ですが、上記でコピーしたメモ帳の一部分だけを選択した場合、このようになります。

こちらも指定した段階でコピーは完了しているので、そのままCtr + Vで貼り付けることが可能です。

コピーした画像をExcelに貼り付けてみると、メモ帳の一部が貼り付けられていることが確認できます。

メニューを開いた状態でもコピー可能

さらに便利な機能としては、メニューを開いた状態でウィンドウをコピーすることが可能です。

メニューのどの項目をクリックするかまで、画面コピーを取っておいてと言われた経験がある方もいると思います。その面倒くささと言ったら…。

と言うのも、メニューが開いたウィンドウをAlt + PrintScreenボタンでコピーしようとすると、Altを押した時点でメニューが閉じてしまいます。

上記理由から、このような状態でウィンドウをコピーする際には、「対象のメニューを開く / PrintScreenで画面をコピーする / ペイントなどに貼り付け / 必要な箇所を切り取り / コピーして保存」と手間がかかります。

しかし、Snipping Toolを使えば、Snipping Toolのみでメニューを開いたウィンドウをコピーすることが可能です。

必要なもの

  • 新規作成をクリック
  • キーボードのEscをクリック
  • メニューを開く
  • キーボードでCtrlを押しながらPrintScreen をクリック
  • コピー対象を指定する

例えば↓のように、メニューを表示した状態で画面のコピーが可能です。

画面切り取りはSnipping Toolを使おう

これまで知らなかった方は、SnippingToolを使うことで少しでも手間が減れば幸いです!


Windows PCのショートカットキーを知りたい方はこちらもどうぞ▼

仕事を効率化する|WindowsPCで知っておくと便利なショートカットキー