転職したけどやりたいことができていない

転職して2か月たちましたが、転職時にできると思っていたことができていません。

なぜ、できていないのか振り返ってみることに。

面接で盛り上がったからやりたいことができると思ってしまった

振り返ってみると「面接で盛り上がったからやりたいことができると思ってしまった」

これが全てだと感じています。

ちなみに面接時のやりとりはこんな感じ。

自分「自分はこう言う考えで、こう言うことをやりたいと思っています。」

面接官「その気持ちはすごいわかる。うちに入ればそう言うことができるよ。」

自分「経験値も足りていないですが大丈夫でしょうか?」

面接官「問題なし!入ってから経験積んでいけるから大丈夫!」

などと言うやりとりをしたので、できると思ってしまいました…。

問題は何だったのか?

上記から分かるように、今回のやりたいことの不一致は以下につきると思います。

募集要項 ≠ 面接で話したこと

いくら面接で盛り上がったとしても、面接官の人のその時の気分でたまたま盛り上がっただけ。と言うことは十分考えられます。

転職時にやりたいことをやるために何に気をつけるのか?

自分が次に転職活動をするときには、次のことに気をつけようと思います。

それは、募集要項が全てと言うこと。

繰り返しになりますが、面接でいくら盛り上がったとしても、その場だけの可能性は十分あります。

また、面接官だった人が入社後の上司になるわけでもないので、実際の上司となる人に自分のやりたいことが伝わるとも限らない。

実際自分の場合は、入社後に上の人と話す機会がありましたが、自分が何をやりたくて入社したか把握してくれている人はひとりもいませんでした。

上記のことから、募集要項が全てだと感じました。

やりたいことを必ずやりたいと思うのであれば、募集要項で自分のやりたいことだけを書いてある募集に応募するべきだと思います。

転職してやりたいことができないときにどうするか?

今のところ考えられるのは次のふたつ。

  • 今の職場で業務変更してもらう
  • 転職を考える

今は、職場の人に自分のやりたいことを話して、チャンスがあれば業務を変更してもらえたらいいなと考えています。

ただ、プロジェクト的にしばらく変更はなさそうと言うこともあり、全然業務を変えてもらえる様子がなければ転職も考えないといけないかなと思っています。

転職する側も採用する側も労力をかけて活動しているので、今後はこのようなミスがないようにしたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です