【Excel VBA】選択した範囲を表にするマクロ

Excel VBA 選択した範囲を表にするマクロ

表を作成するときに、いちいち罫線をつけて、背景色をつけるのが面倒になってきたので、範囲を選択すると表を作成するマクロを作りました。

イメージは ↓ こんな感じです!

選択した範囲を表にする

選択した範囲を表にするマクロ

1. Module1を追加する

まずは、Excelマクロの作り方を参考にして、標準モジュールにModule1を追加しましょう。

Excel VBA マクロの作り方 【Excel VBA】Excelマクロの作り方

2. ソースコードを書く

Module1を追加したら、以下のソースコードをコピぺしましょう。

copy

Sub SelectRangeAndMakeList()

    Dim rngList As Range
    
    ' ダイアログを表示し、選択した範囲を変数に入れる
    Set rngList = Application.InputBox( _
                  Prompt:="ドラッグした範囲が表になります", _
                  Title:="表を作成する", _
                  Type:=8)
    
    With rngList
    
        ' 表に罫線を付ける
        .Borders.LineStyle = xlContinuous
        .Borders(xlInsideHorizontal).LineStyle = xlDash
        .Rows(1).Borders(xlEdgeBottom).LineStyle = xlContinuous
        
        ' 表の1行目の背景色を変更する
        .Rows(1).Interior.Color = RGB(169, 208, 142)
    
    End With
    
End Sub

Module1にソースコードをコピーしたら、以下のような感じになっていると思います。

3. マクロを実行する

キーボードの【F5】を押す、または画面上部の【▶】を押して、マクロを実行します。

【表を作成する】ダイアログが表示されます。

範囲を選択して、OKボタンをクリックします。

選択した範囲に表が作成されます。

これで完了です!

 

このマクロは、以下の書籍を参考にして作成しました。

内容が非常に実践的で、丁寧に書かれている書籍です。そして、何より約1,500円と安いのでおススメです!