【Excel VBA】表で空白のセルの色を変えるマクロ

Excel VBA 表の空白セルの色を変更するマクロ

Excelの表で、空白のセルの背景色を変更するサンプルです。

VBAのSpecialCellsメソッドを使用しています。

 

関連記事

表で空白のセルの色を変えるマクロの作り方

1. Module1を追加する

まずは、Excelマクロの作り方を参考にして、標準モジュールにModule1を追加しましょう。

Excel VBA マクロの作り方 【Excel VBA】Excelマクロの作り方

 

2. ソースコードを書く

Module1を追加したら、以下のソースコードをコピぺしましょう。

 

ポイントは、2のSpecialCellsメソッドです。

SpecialCellsメソッドは、「数値」「空白」「コメントが設定されている」セルなどを参照することができます。

HTML

copy

Sub BlankCellColor()
    
    ' 1. Range型の変数を用意
    Dim rng As Range
    
    ' 2. 表で検索したい範囲をRangeの中に書く
    Set rng = Range("C3:E9").SpecialCells(xlCellTypeBlanks)
    
    ' 3. 背景色を赤に変更
    rng.Interior.Color = rgbRed

End Sub

メモ
  1. 2で変数 rng にRange(“C3:E9”)を入れていますが、ここは各自変更してください。
  2. 3で赤を設定していますが、他の色が良い場合には、RGB 値一覧表(XlRgbColor 列挙型)の記事を参照してください。

 

Module1にソースコードをコピーしたら、以下のような感じになっていると思います。

 

3. マクロを動かすための準備

それでは、マクロの動作を確認するための準備をします。

ところどころ空白セルがある表を作成してください。本記事では、D6とE8を空白にしています。

 

4. 表で空白のセルの色が変わることを確認する

それでは、マクロを実行しましょう。

キーボードの【F5】、または画面上部の【▶】を押して、マクロを実行します。

 

マクロ実行後、D6とE8セルの背景色が赤色に変わっていれば完了です!